スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命という力

今しがた、ひぐらしのなく頃に絆三巻の皆殺し編を終わらせて来ました。

うーんと、感想を一言で言うと・・・

「理不尽」

これに尽きると思います。



以下感想ですが、ネタバレになるので嫌なかたは飛ばしてください





この編では、梨花ちゃんが主人公でありましたが、最初から衝撃の事実に驚きの連続。

運命に諦めていた梨花ちゃんに圭ちゃんが運命を打ち破って見せる頼もしさ。
絶対来るはずのない赤坂が来たり、その奥さんが生きているという偶然。
どの話でも悪い側で出現した大石が味方として登場した嬉しさ。
そして、凶行に走ってしまう詩音が沙都子の世話を焼いているという感動。

その全ての奇跡が重なって、梨花ちゃんは昭和58年の6月を抜け出せると期待しておりました。
一方で最初から傍観者の立場にたち、すでに運命を諦めている羽入。


話の内容はこれ以上話せませんが
運命」に対して最後まで抗うこと。これを教えてもらいました。

ただ、エンディングが感動的だったのに
最後にその強烈な運命を作り出した設定が続けてあったのが残念。

もうちょっと感動の余韻に浸りたかったのに・・・


でも、決して時間の無駄ではありませんでした。やってよかったです。
最近、感動の涙を流していない方やまだ未プレイの方は是非やってみてください。





おまけ

クック


愛好会会員としてはこれ欲しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いざわ

Author:いざわ

しがないリーマン。
もうすぐ花見!

リンク記事
【公務員試験】
1次試験対策編

【一般記事】
このブログの取扱説明書

【ゲーム全般】
2010年懐古録
2010年遊んだゲーム

【MHP2G】
キャラについて
マイセット装備まとめ
カテゴリ
DIY (1)
最新記事
最新コメント
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
相互リンク
Twitter
Twitter ブログパーツ
月別アーカイブ
03  03  12  04  03  02  01  12  11  10  09  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。