スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日1日付けで社会人となりました。

うちの官庁は1日に辞令交付されたのですが、見事に出先、しかも実家から通えない距離の職場となってしまいました。
実家から通おうと地元で就職したのに、これじゃ全く意味がない。

業務自体も総務で楽しそうだし、職場の先輩も電話で挨拶したかぎりではいい人そうだったので、なんとかやっていけそうです。

引越しに伴い、ネットがしばらく使えないので、次の更新はしばらくお待ちください。
スポンサーサイト

別れの気分とは

どうしてそんなとこにぐずぐずしてたかというと、実は、その、別れの気分といったようなものを味わいたかったからなんだ。
今までいろんな学校やなんやかんやをやめて来た僕なんだけど、みんな自分で知らないうちにやめちまったみたいな感じなんだな。そいつがいやなんだよ。
悲しい別れでも、いやな別れでも、そんなことはどうだっていいんだ。どこかを去って行くときには、いま自分は去って行くんだってことを、はっきり意識して去りたいんだな。
そうでないと、なおさら気分がよくないもんだぜ。


引用元:J・D・サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』10頁

*****

25日月曜日に大学の卒業式があります。
大きなホールでの式典後、各学部・学科ごとに式が開催されることに。

4年になってからは週1回のゼミにしか行かなくてよかったので、ほぼ大学に行ってなかったようなものなんだけれど、先日、卒業式後のゼミのコンパの準備のため久しぶりに大学に行ったところふつふつと大学を去る実感が沸いてきました。

しかし、早かった。
大学入学前には七色に輝く希望がその先には待っていて、合格した瞬間から今か今かと入学を心待ちしていた。
入ってからも、それなりに友人を作って、サークルに参加して、バイトもやって、恋をして、公務員試験を受けて無事に合格して、と充実はしていたはずなんだけれど、やり残した感がある。
たぶん、卒業してから先にあるのは「40年間働く」という義務しか残っていないから、今の生活に後ろ髪を引かれてるだけだとは思うんだけれど……

ホールデンの言う「別れの気分」って、おそらくこういう気持ちなんだろうと思う。

普段会えない友人の家に泊まった後や旅行先から帰路に着くとき、ちょっと寂しい気持ちになることが多いこの僕が言うのだから間違いない。

謹賀新年

正月気分もすっかり抜けてしまいましたが、あけましておめでとうございます。

今年は4月から働き始めるし、挑戦したいこともたくさんあるので
体調を崩さずにマイペースでがんばっていきたいと思っております。

今年こそはせめて週1でブログを更新したいと思っていますので
内容の浅さを気にせず見てもいいよって方は覗きにきてください。

よろしくお願いします。

【2012から】よいお年を【2013へ】

今年ももう今日で終わりということで、今年をざっと振り返ってみると

上半期→公務員試験の勉強と面接面接アンド面接
下半期→バイトの鬼

ということで、2行でまとまるぐらい同じことをしてました。
後は年明けの卒論提出までがんばるだけですね。

*****

今年1年お世話になりました。
また来年もよろしくお願いします。

自称サバサバ系女子がいるときのバイトはキツイ

現在、大学には週に1日しか行かなくていいのでバイトを3つ掛け持ちしています。
その中のバイトAでのお話。

*****

責任者(女)「いざわくん、今日は6時にあがっていいよ」
僕「はい」

~5時58分ごろ~
僕「お疲れ様でした」
責任者(女)「まだ6時じゃないでしょ!6時までおって!!」(以下罵声)

*****

僕は基本的に時間にルーズで、待ち合わせなんかもわりと遅れていくことが多いのですが
バイトや大事な用事に関しては10分前行動を心がけています。
いつも、バイトに入るときは就業時間の10分前から作業を始めているので
実質的には毎回10分ほどタダ働きをしていることになりますね。
この日は僕がやらなきゃいけない仕事もなく、交代するバイトも早くに入ってきたため
「2分ぐらいよかろう」という気持ちで上がろうとしたらとたんに罵声が。
バイトなんて正社員と違って時給なんぼなのだから、できるだけタダ働きなんてしたくないし
2分ぐらい融通利かせてもらってもいいのでは、と思いました。
(きっちりとしたタイムカードもなく、自分で時間を書いて申告する方式)
さすがに、正社員となったらサビ残なんていくらでもしますけど。

*****

ここからは愚痴。
大体その責任者は忙しいといつもピリピリ。

「わからないことがあったら何でも聞いてね^^」→わからないことを聞く
→「ここはこうでしょ!まだわからないの!!」

こういつもピリピリ眉間に皺を寄せていらっしゃると、児童も怖いだろうし
円滑なコミュニケーションが図れないと思うんですがね。

見方によってはかわいそうな話で。
こういう人は小さいころから何かとすぐ腹を立ていて、それが大人になっても直らず一生そのままだと思うと。
人を変えるなんてことは天と地がひっくり返ってもできるもんじゃないし、人のことをどうこう言う資格もないので、こういう人を見るとせめて自分はそうならないようにといつも反面教師にしていますw

*****

深夜勤務のバイトCは男ばっかりでそんなこともなく、わいわい言いながら作業をしています。
やっぱりバイトしかりサークルしかり集団で何かをするときは男だけのほうが気楽ですね。

別にホモじゃないんですが。
プロフィール

いざわ

Author:いざわ

しがないリーマン。
もうすぐ花見!

リンク記事
【公務員試験】
1次試験対策編

【一般記事】
このブログの取扱説明書

【ゲーム全般】
2010年懐古録
2010年遊んだゲーム

【MHP2G】
キャラについて
マイセット装備まとめ
カテゴリ
DIY (1)
最新記事
最新コメント
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
相互リンク
Twitter
Twitter ブログパーツ
月別アーカイブ
03  03  12  04  03  02  01  12  11  10  09  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。